なぞの落書き

ポピパッパパー

[S6使用構築]テテフカババシャ[最高2029]

こんにちは、TNりょうで潜っていました。
レート2000を達成することができ、SM最終シーズンということで記念に記事をかきます。読んで頂ければ嬉しいです。

[使用構築]

f:id:asukapoke:20171106222605p:plain


[コンセプト]

襷テテフで場を荒らし、カバルドンで起点を作り、バシャーモで全抜きする。



[使用個体]

バシャーモ

f:id:asukapoke:20171030223121g:plain

性格:いじっぱり

持ち物:ホノオz

特性:かそく

努力値:ASぶっぱ余りD

技構成:フレドラ/とびひざ/守る/剣舞


一番好きなポケモン。現環境はバシャーモ対策としてカバルドンランドロス、ABミミッキュが多く、それらで止まらないエースとして剣舞ホノオzバシャーモを採用しました。

カバやランド、ABミミッキュの他にも+2ホノオzでH振りアシレーヌを確定、HBクレセリアとH振りラティアスを高乱数で落とせたり、+1ホノオzで無振りギャラドスを乱数で落とせるので選出率は高かったです。

マンダやマリルリ、レヒレがいない構築には基本出してました。

選出率3位



カバルドン

f:id:asukapoke:20171030231851g:plain

性格:わんぱく

持ち物:ゴツゴツメット

特性:すなおこし

努力値:HBぶっぱ余りD

技構成:地震/あくび/なまける/氷の牙


バシャーモボーマンダミミッキュなどに対する物理受け。あくびをしてカバを落としてもらい、相手が寝ている間にバシャーモが剣舞を積むのが理想の動き。また、天候パに対して天候を奪えるのも強かったです。このポケモンはあくびで起点を作るだけでなく、相手を詰ませるという動きもできるので、選出によって動きを変えていました。ふきとばしが無いので、氷の牙で身代わりが壊せない浮いているポケモンには隙をみせないように心掛けました。

選出率2位



カプ・テテフ

f:id:asukapoke:20171030232850g:plain

性格:おくびょう

持ち物:きあいのタスキ

特性:サイコメイカー

努力値:CSぶっぱ余りB

技構成:サイキネ/ムンフォ/きあいだま/挑発


基本的に初手に投げるポケモン。相手が拘ってる前提の行動をしてくる事が多く、こいつ一匹で試合が終わる事も多かったです。テテフを受けにくるヒードランナットレイジバコイルなどには強気にきあいだまを打っていき、強引に突破してました。また、襷を盾に、初手ミミッキュ対面はエースのバシャーモを通すために皮を剥ぎたいのでサイキネを打っていました。裏にカバルドンがいるので剣舞をしてくる人も多く、テテフで準速ミミッキュを突破することがかなり多かったです。ギャラドスや準速ウルガモスなどに対して挑発で起点回避できるのも偉かったです。

選出率1位



霊獣ボルトロス

f:id:asukapoke:20171030234401g:plain

性格:ひかえめ

持ち物:デンキz

特性:ちくでん

努力値:H52B140C220D4S108

技構成:10万/めざ氷/悪巧み/高速移動


バシャーモが出せないマンダやマリルリ、レヒレ入りに対して全抜きを狙うエース。調整と技構成はライバロリさんのものを参考にさせていただきました。状況によって悪巧みをするか高速移動をするか選べて使いやすかったです。高レートに多いテッカグヤグライオンなどが並んでいるサイクルパや受けルに対して全抜きが狙えるのも強かったです。

選出率5位



ゲンガー

f:id:asukapoke:20171030235527g:plain

性格:おくびょう

持ち物:ゲンガナイト

特性:のろわれボディ→かげふみ

努力値:CSぶっぱ余りB

技構成:シャドボ/ヘド爆/きあいだま/こごえるかぜ


霊獣ボルトロス同様バシャーモが出せないマンダやマリルリ、レヒレ入りに選出するポケモン。霊獣ボルトロスのように全抜きするという動きではなく、かげふみでレヒレやマリルリなどをキャッチして倒す動きができ、霊獣ボルトロスとは違う強さがありました。岩石封じを打ってくるキノガッサりゅうのまいを積んでくるボーマンダに対してこごえるかぜがとても刺さりました。また、きあいだまを警戒する人が少なく、当てることができれば、バンギラスポリゴンzを簡単に処理することができました。

選出率4位



ギルガルド

f:id:asukapoke:20171031001029g:plain

性格:いじっぱり

持ち物:ゴーストz

特性:バトルスイッチ

努力値:A252S36余りH

技構成:シャドクロ/聖剣/かげうち/剣舞


フーディンやラティ兄妹が重すぎたため採用しました。物理になっている理由はブルル+ドヒドイデメガラティアス入りのサイクルパに対して圧をかけていくためです。また、もっとSを上げてレヒレなどを上から殴るのも強いと感じました。

選出率6位



この構築は流行のカバリザグロスのような並びに対する勝率がかなり高かったです。テテフ+カバ+バシャという基本選出ができた試合はほとんど勝てました。



最後に

ポケモンをSMから始め、最終シーズンにずっと目標にしていたレート2000を達成できてとても嬉しいです。USMではレート2100を達成できるように頑張りたいです。

SMでお世話になったみなさんありがとうございました!USMでもよろしくお願いします!


Twitterのアカウント@saitoasukapoke


[戦績]

f:id:asukapoke:20171106232600j:plain

f:id:asukapoke:20171106230625j:plain



質問等あればお答えしますのでよろしくお願いします。